結婚式・披露宴のお呼ばれ
自分の好きなオシャレは、フォーマルシーンにふさわしい?
大人のマナーを身につけた素敵な女性として出席しましょう


ゲストの装いを見て、親族は新郎新婦の人柄をチェックしているかも…
招待してくれた主役に恥をかかせないのが、ゲストのマナーです。



 
 お呼ばれドレスのマナー 

女友達なら、カラーのワンピースで披露宴会場に色を添えて華やかに。
親族なら、他のゲストよりは控えめに。 でも、暗くなり過ぎないように。

 
色・柄  黒ドレスには華やかさをプラス
全身がまっ黒のスタイルは、お葬式を連想させてしまいます。
黒いドレスを着る場合は、明るい色のボレロや小物をプラスして華やかに。
 
 白・または 白っぽく見えるドレスはなるべく避ける
白は花嫁の色なので、お呼ばれでは避けるのがマナー。
薄いベージュやピンクも 照明によっては白っぽく見えるので、気を付けましょう。
白っぽいドレスを着る場合は、ダークカラーのボレロを羽織るなど
全体的に白っぽい印象にならないコーディネートを。
 
 柄物のワンピースはNG
フォーマルシーンでは、無地のドレスが基本。
ジャガード織などの織り柄はOK。
プリント柄はカジュアルな装いとみられるので、結婚式にはふさわしくありません。
 
 デザイン   肌の露出は控えましょう
挙式に参列する場合や、昼間のフォーマルシーンでは肩を出すスタイルは避ける。
ノースリーブのドレスを着る場合は、ボレロやショールを羽織ればOK
スカートはひざ丈が好ましく、ひざ上5cm〜ひざ下丈を目安に。
 
素材  毛皮や革製品はふさわしくありません
人気のフェイクファーは、最近は許容の範囲とされていますが
レオパードなどの動物柄は避けた方が良いでしょう。
毛皮や革製品は殺生を連想させるため、衣類・小物共に用いないのがマナーです。
スパンコールやビジュー等のきらびやかな装飾は控えめに。


 
 アクセサリー・小物のマナー 

アクセサリーはパール調。 バッグは小さめが基本
 
 アクセサリー   ネックレス
華やかで清楚な印象のパールアクセサリーが一般的。
ネックレスは一連でも 二連でもOKですが
黒いドレスに一連パールネックレスは不祝儀を連想させるので注意しましょう。
ジュエリー系の輝きの強いアクセサリーは、夜のパーティーにはOKです。
 
 ヘアスタイル
アップか、ハーフアップがおススメ
お花系の髪飾りやティアラは、花嫁のイメージなので避けた方が無難です。
 
 腕時計はつけない
時間を気にしていると捉えられるので、着けないのがマナー。
バッグ  バッグは小さめのものを
パーティーバッグは小さいものが定番です。
椅子に座った時、背もたれに置いて邪魔にならないサイズを目安に。
荷物が多いときはサブバッグを用意しましょう。
蛇やワニ等の爬虫類の革はフォーマルスタイルにはNG
紙袋をサブバッグにしない!
ハイブランドの物でも、紙袋はフォーマルな場で使うものではありません。
 
小物  ご祝儀は袱紗に包んで
受付で袱紗から金封を取り出し、受付の方に向けて両手で渡すのが大人のマナー
お祝いごとには暖色系の袱紗が


 
 足元のマナー 

ヒールのあるパンプス・肌に近い色のストッキングが基本
 
  靴    サンダル・ミュールはNG
フォーマルシーンではつま先の隠れるパンプスが基本。
サンダルやつま先の開いた靴はふさわしくありません。
 
 ヒールのある靴で
妊婦さんなどヒールが困難な方以外は、3cm以上の細めのヒールでエレガントに。
ぺたんこ靴や太いヒールは、フォーマルな装いにはふさわしくありません。
 
 ブーツはNG
ブーツは、元は乗馬靴。
フォーマルシーンにはふさわしくありません。
 
 素材にも注意
布製のパンプスが  カーフも
クロコダイル・オーストリッチ・スウェード等は避けましょう。
ビジューなど 輝きの強い装飾が多い物は、夜のパーティーではOK  
 足元   ストッキングはベージュ
肌に近い色のストッキングが好ましく、黒は喪服を連想させるので避ける。
生足はマナー違反です。 必ずストッキングを履きましょう。
ワンポイント柄のストッキングはOKですが
タトゥーストッキングは 快く思わない方が多いので、フォーマルな場では避けた方が無難。
寒くても、タイツ(黒・カラー)はフォーマルにはふさわしくありません。